あなたのブラウザがJavaScriptをサポートしていなくても、当サイドの内容には影響しませんから、ご安心下さい。
921地震教育園內写真
::: 当館について
SpacePic
SpacePic
SpacePic
::: icon 国立自然科学博物館 icon サイトマップ icon お問い合わせ icon よくある質問 ‧文字サイズ: 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
中文語 English 日本語 icon
:::
最新消息
ホーム > 当館について > 建築の特徴
建築の針と土地に隠す線を使って、この地震の裂け目を縫います

断層の通過によって造成された地景や校舎の倒壊状況をより鮮明にするため、当教育園の建築物は展示館と地震で破損した校舎とを統合し、断層線上の地層の変動がもたらした影響をより一致した形で表現しています。また、建築物に使用した針や大地に隠れた糸で地震でできた亀裂を縫い合わせています。車籠埔断層保存館はすなわち、断層と元来のトラックを結んでできたもので、さらにずれた断層線を以って観察面を区切り、異なる区域をもっとも原始的な断層の核心が変形した後のロジックに還元して展開させていくのです。

教育園全域の建築物は、視覚の角度を利用して相対的高層を求め、活断層の落差値によって安全な距離をとっているので、建築物は原則的に断層のラインに従って移動します。そして地形や地上の様子に合わせて調整し、それぞれが自然に独立しながらも互いに連結した空間となっており、見る人に異なる空間体験を与えています。



印刷

個人情報とプライバシーについて ウェブサイトのデザイン 交通アクセス情報
住所:41364 台湾台中市霧峰区坑口里新生路192号 ( Google Map ) ◇ 開館時間:火曜日~日曜日︰9:00-17:00,月曜日休館
電話︰886-4-23390906
伝真︰886-4-23397401 メールボックス:921ser@nmns.edu.tw

通過AA等級無障礙網頁檢測(新しいウインドウ) 国立自然科学博物館 921地震教育園 著作権を所有する Copyright © 2008 921 Earthquake Museum of Taiwan. All Rights Reserved.
対応ブラウザIE6.0 & Firefox 2.0 +以降 /スクリーン解析度1024*768以上での閲覧をお薦めします
最新の更新日﹕2018-02-14
今日ページヒット:16
全部ページヒット:437922
TripAdvisor 我的E政府(新しいウインドウ)

此網站網頁設計程式設計由網繹數位科技製作

ホーム