あなたのブラウザがJavaScriptをサポートしていなくても、当サイドの内容には影響しませんから、ご安心下さい。
921地震教育園內写真
::: 展示館案内
SpacePic
SpacePic
SpacePic
::: icon 国立自然科学博物館 icon サイトマップ icon お問い合わせ icon よくある質問 ‧文字サイズ: 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
中文語 English 日本語 icon
:::
車籠埔断層保存館
ホーム > 展示館案内 > 車籠埔断層保存館

もし映像がご覧いただけない場合は、最新版の Javaソフト (新しいウインドウ)
ダウンロードしてください。

活動断層と地震記録の収蔵-車籠埔断層保存館
1999年9月21日早朝1時47分にマグニチュード7.3規模の921大地震が起きました。断層帯はギザギザ状に伸び走り、元来の車籠埔断層に沿って重複したずれ変位を引き起こしました。この断層はかつての光復中学校のグランドに2.5メートルもの地面上下のずれを作り、逆断層の形式に属しています。その東側が上昇側で、地形上では山地に隣接していることから、台湾での活発な山生成の運動を証明しています。
 「車籠埔断層保存館」は921大地震際の断層遺跡の景観を保存し、現在地と過去の共同記憶を連結し、真実の地表の様子や地球の地震科学知識を知ることを通して、人間と自然とが平和的に共存する関係を来館者に体験していただきます。

車籠埔断層保存館を後にする際、もう一度この美しい展示館をご覧ください。車籠埔断層保存館の建築デザインが独創的で斬新なものです。大地の傷跡を縫うようなモチーフで、線の構成によって叙述的な空間構造を表しており、921大地震の全貌を取りまとめたのです。展示館には柱や梁などがありません。高さ12メートル、幅2.4メートル、重さ10トンのセメント板82枚で複雑に構成されて、全体が円弧形となっています。セメント板の製造においては、表面の処理、板の組み立てや基礎工事などが極めて難しく、国内外にも稀にみる例です。2004年9月21日に落成・公開した展示館は、2004年度の遠東建築賞に入選し、2004年度台湾建築賞、2006年第三回WA中国建築グランプリなどの賞に輝きました。



印刷

個人情報とプライバシーについて ウェブサイトのデザイン 交通アクセス情報
住所:41364 台湾台中市霧峰区坑口里新生路192号 ( Google Map ) ◇ 開館時間:火曜日~日曜日︰9:00-17:00,月曜日休館
電話︰886-4-23390906
伝真︰886-4-23397401 メールボックス:921ser@nmns.edu.tw

通過AA等級無障礙網頁檢測(新しいウインドウ) 国立自然科学博物館 921地震教育園 著作権を所有する Copyright © 2008 921 Earthquake Museum of Taiwan. All Rights Reserved.
対応ブラウザIE6.0 & Firefox 2.0 +以降 /スクリーン解析度1024*768以上での閲覧をお薦めします
最新の更新日﹕2018-11-06
今日ページヒット:9
全部ページヒット:445082
TripAdvisor 我的E政府(新しいウインドウ)

此網站網頁設計程式設計由網繹數位科技製作

ホーム