あなたのブラウザがJavaScriptをサポートしていなくても、当サイドの内容には影響しませんから、ご安心下さい。
921地震教育園內写真
::: 展示館案内
SpacePic
SpacePic
SpacePic
::: icon 国立自然科学博物館 icon サイトマップ icon お問い合わせ icon よくある質問 ‧文字サイズ: 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
中文語 English 日本語 icon
:::
地震工学教育館
ホーム > 展示館案内 > 地震工学教育館

もし映像がご覧いただけない場合は、最新版の Javaソフト (新しいウインドウ)
ダウンロードしてください。

大地震破壊の目撃-地震工学教育館
地震が発生した場合、建築物の倒壊や破損が常に人間の命や財産に大きな被害をもたらします。それを受けて当教育園は、地震工学教育館を特別に設置しました。地震の遺跡と地震工程が関連するテーマの展示を通じて、どのように耐震で安全的な建築物、または都市を建設できるのかを来館者に理解かつ思考していただきます。
 当館は破損教室保存区と展示館との二つに大きく分かれます。展示館では、「国家地震工程研究センター」と共同に企画して、安全な家、進んだ建築物の減震技術、公共安全など3大テーマを展示しています。実験室を企画の概念にして、インタラクティブな展示方法と科学的な実演展示とを結び、来館者が自ら操作することにより、地震工程の関連原理を体験します。又、展示館で親子向けの遊びランドも設立しました。お子様はこのランドで絵本やおもちゃを通してパパとママと一緒に気軽に基本的な建築や構造や力学などの知識が学べます。
破損教育保存区では、霧峰郷光復中学校の地震で倒壊した校舎の遺跡を保存しており、大自然が引き起こす地震の巨大な力を来館者に体験してもらい、台湾の古い校舎が地震にあった際に起きる独特な倒壊現象をみることができます。
 地震工学教育館では、来館者が地震と建築工程との関係を認識し、耐震建築の条件、新しい耐震建築の技術などを理解し、建築物の耐震性への重視や責任感を高めることができます。



印刷

個人情報とプライバシーについて ウェブサイトのデザイン 交通アクセス情報
住所:41364 台湾台中市霧峰区坑口里新生路192号 ( Google Map ) ◇ 開館時間:火曜日~日曜日︰9:00-17:00,月曜日休館
電話︰886-4-23390906
伝真︰886-4-23397401 メールボックス:921ser@nmns.edu.tw

通過AA等級無障礙網頁檢測(新しいウインドウ) 国立自然科学博物館 921地震教育園 著作権を所有する Copyright © 2008 921 Earthquake Museum of Taiwan. All Rights Reserved.
対応ブラウザIE6.0 & Firefox 2.0 +以降 /スクリーン解析度1024*768以上での閲覧をお薦めします
最新の更新日﹕2018-07-04
今日ページヒット:14
全部ページヒット:441846
TripAdvisor 我的E政府(新しいウインドウ)

此網站網頁設計程式設計由網繹數位科技製作

ホーム